So-net無料ブログ作成
検索選択

池鯉鮒(首夏馬市) [広重 東海道五十三次]

京から第16宿目、池鯉鮒(ちりゅうう)(首夏馬市)です。
池鯉鮒は何とも難しい読み方ですが、現在は「知立」と表記されています。
「首夏」とは旧暦4月のことらしく、いろいろ勉強しました。
この絵は、池鯉鮒の東方で開かれている馬市の様子を描いたもので、
初夏の爽やかな草原を吹く風の中で、馬たちが草を食む風景です。
原画では20頭以上の馬が描かれているのですが、半分になりました。
馬たちは、もう少し太ったようにできればよかったのですが、技量不足でした。
背景から先に制作していくのですが、今回は全く見えなくなってしまい、
もう少し考えないとダメでした。
16池鯉鮒(首夏馬市).JPG
原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige052/hiroshige052_main.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

山野あけび

閑斎さん、こんにちは。昔は池鯉鮒って書いたのですか!おもしろい地名ですねー。このあいだ「わたしが日本に住む理由」というTV番組をみていたらこの知立に住むオーストラリア人男性が出演していました。地元のひとたちと一緒に文楽に励んでいるとか...歴史のあるところなのですね。お馬さんたち、閑斎さんはご苦労なさったようですね。言われてみればたしかにおなかの辺りがほっそりしているかも、メタボじゃないね(笑)爽やかな草原を走り回って太るヒマがなかったのかもしれない。背景は海のようにみえるけれどそんなはずはないし...川かなと思って地図を調べましたが、よく分かりませんでした。空かな?やはり自分で行ってみないとなかなか実感できないわね。おもしろそうなことが増えて嬉し困ったです。
by 山野あけび (2017-06-12 09:57) 

閑斎

山野あけびさん

知立には文楽があるんですね。地方の古典の伝承が危ぶまれて
いますが、少子化の中ではやはり外国人頼みになりますね。
疑問の点ですが、原画では草原の向こう側には海があり波も描
かれています。
次回も旅をお楽しみ下さい。

閑斎
by 閑斎 (2017-06-12 11:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: