So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

ドルー・グルー <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

グルーの双子の兄弟であり、大富豪の男であるドルーこと・ドルー・グルー。
子供の頃からずっと疎遠だったこともあり、双子ながら髪の毛がふさふさで
ドルーとは外見も性格も大きく違うのが特徴。
共通点といえばグルー家のワルの血が流れているということで、グルーをワルの
世界に引き込むのもほかでもない彼なのです。
ドルー・グルー.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

ふわ吉 [はなかっぱ]

はなかっぱより年上の、近所に住んでるはなかっぱ族のお兄さんです。
何でも迷ってしまって決められません。
”自分の花”が決められないから、
いまでも”とりあえずの花”が咲いています。
ふゆ吉.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「ブラームスの子守歌」 [今日の歌]

今日もクリスマスコンサートの曲を歌う練習をしました。
でも今日の圧巻は、練習後の懇親食事会の終わりに唄った男声の「ヴィムラ・
カンパニー」でした。初心者が多くて別にハモッてもいなかったのですが、
歌うことの楽しさを感じていただいた1分間だったと思います。
それで、今日の歌は、男声だけじゃないと女声が歌う「ブラームスの子守歌」です。
やはり、男声より経験豊かな方々は最初からきちんと歌えていましたね。
ブラームスの子守歌.jpg
ウィーン少年合唱団が唄っています(CM4秒)。
https://www.youtube.com/watch?v=tY0IQhLbj38

堀内敬三氏の訳が一般的なのですが、先生は内田伊左治氏のを採用されました。

1.夕べの蝶 汝(な)をいとない
  花かおる 夢に誘う
  眠れ吾子よ 花の胸に
  ねむの花の 咲く朝まで

2.み使いたち 汝をおとない
  星滿つる 国に誘う
  眠れ吾子よ 母の歌に
  清き鐘の 鳴る朝まで

この歌は、1868年7月にボンで、ブラームスの友人であったベルタ・ファーバーに
次男が生まれたことを記念して作曲されました。ファーバーはハンブルクでブラームスが
指導していた女声合唱団の一員で、特に親しかったと伝えられています。

NHKの番組の実験では「ブラームスの子守唄」を泣いている赤ちゃんに聞かせたところ、85%が泣き止みました。
赤ちゃんは、胎内にいる時の母親の心臓音に似た環境を聞くと安心するようです。
nice!(0)  コメント(2) 

掛川(秋葉山遠望) [広重 東海道五十三次]

京から数えて29宿目、掛川宿です。

秋葉山の山頂近くに秋葉大権現があり、宿場の西を流れる倉真川に架かる大池橋の
たもとから見た風景だそうです。
手前に2つの常夜灯があり、大権現への参道、秋葉道を示唆しているそうです。
橋の上では旅の僧と行き合った老夫婦が深々と腰を折ってお辞儀をしています。
腰の低さが信心の高さを現しているんだそうです。
遠方に見える秋葉山は岩山風に描かれていますが、実際はそんなことはないそうです。
空には凧が舞っていて、いろんなものを制作できて楽しかったですね。

これは通行人がいない風景です。
29掛川 遠望.JPG
こちらが、鳥瞰図的な風景です。
29掛川(秋葉山遠望).JPG

原画はこちらです。
https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/50/0000015750/90/img7e9947e0xx0wkg.jpeg

この作品のメインが橋と思い、1週間かかりました。常夜灯も結構な時間がかかりました。
nice!(0)  コメント(2) 

「赤鼻のトナカイ」 [今日の歌]

今日は練習後に、男声で唄う「ヴィムラ・カンパニー」を練習しました。久し振りの男声合唱は心地よいものでしたね。

それで、今日の歌は、12月20日(水)で歌う、クリスマスコンサートの一曲「赤鼻のトナカイ」です。「サンタが街にやってくる」、「ジングルベル」と並ぶ三大クリスマスソングで、作詞作曲者のジョニーが亡くなった1985年までに「赤鼻のトナカイ」の総売上は1億5千万枚を突破してるそうです。
赤鼻のトナカイ1.jpg
この歌の誕生秘話(実話)をネットから下記に転載しました。父の娘に対する愛情が一杯です。


「赤鼻のトナカイ」  AKB48が唄っています。
https://www.youtube.com/watch?v=EAEZonZqGo4


作詞・作曲:ジョニー・マークス (Johnny Marks)
日本語訳詞:新田 宣夫

いつもみんなの 笑いもの
でも その年の クリスマスの日
サンタのおじさんは 言いました
暗い夜道は ピカピカの
おまえの鼻が 役に立つのさ
いつも泣いてた トナカイさんは
今宵こそはと 喜びました~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・
ルドルフ 赤鼻のトナカイ誕生秘話(実話)
時間のある方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「まっかなお鼻のトナカイさんは♪」と歌われるトナカイ「ルドルフ Rudolph」は、1938年のアメリカ・シカゴで誕生したクリスマスのキャラクター。
作者は、当時シカゴに住んでいた男性会社員のロバート・メイ(Robert L. May/1905-1976)。妻エヴリン(Evelyn)と4歳のバーバラ(Barbara)の3人家族だった。

この頃のアメリカは、1929年10月の株価大暴落(ブラック・マンデー)による金融恐慌から始まった不景気にいまだ苦しんでいた。

通信販売を手掛けるモンゴメリー・ウォード (Montgomery Ward) 社で広告宣伝・コピーライターとして働いていたロバート・メイだったが、妻がガンに倒れ、ただでさえ少ない給料は妻の治療代・薬代に消えていった。

生活は苦しく、一向に景気も回復しない毎日。最愛の妻は回復の見込みもなく、4歳になる娘バーバラは元気のない母を見て不安そうにしょんぼりしている。

あるとき、娘バーバラは父に尋ねた。「どうして私のママは、みんなと違うの?」

これまで母親に十分に甘えさせてやることもできず、貧しい生活の中でたくさんガマンをさせてしまったであろう娘バーバラの突然の心からの一言に、父ロバートは愕然とした。

「ああ、私はこんな幼い子になんてつらい思いをさせてしまっていたんだ。ああ、何かこの子を喜ばせてあげられるものはないのか?私は所詮貧しいコピーライター。今の私に出来ることと言ったら…」

娘が言い放った「みんなと違う」の一言は、一方で父ロバートの幼い頃の記憶を呼び起こしていた。ロバートは子供の頃、体が弱く痩せて小柄だったためにいじめられ、貧しくて進学することもできなかったのだ。

幼い頃に「みんなと違う」といじめられた自分、「私のママは、みんなと違う」と悲しむ娘、父ロバートの頭の中を「みんなと違う」というフレーズがぐるぐると巡っていた。

「ちょうど今はクリスマス、子供にも人気のサンタクロースとトナカイのお話に、このフレーズを生かして、何か娘が喜ぶ楽しいお話を作ってやれないだろうか…?」

強いインスピレーションを受けたロバートは、寂しそうに尋ねる娘バーバラを前にして、即興で赤鼻のトナカイ「ルドルフ Rudolph」のお話を始めた。

ルドルフは、その真っ赤な鼻を仲間のトナカイから笑われ、いじめられていた。ルドルフは「みんなと違っていた」のだ。

でもクリスマスの夜、その「みんなと違う」赤い鼻がサンタの役に立って、ルドルフは心から喜んだというハッピーエンディングのストーリーが、ロバートの口から流れるように紡ぎだされていった。

この赤い鼻のルドルフのお話を娘は大変喜び、ロバートは後日手作りの本にまとめてクリスマスプレゼントとして娘へ贈ったという。亡くなった奥さんも天国で喜んでいたに違いない。

その後、務めていた会社のパーティでルドルフのストーリーを朗読すると、会場から割れんばかりの拍手。大絶賛を受けたこの話は、次のクリスマスに会社の宣伝用冊子として配布されることが決定した。

1939年のクリスマスシーズン、ロバートが務めていたモンゴメリー・ウォード (Montgomery Ward) 社から、「ルドルフ 赤鼻のトナカイ Rudolph the Red-Nosed Reindeer」のタイトルで無料の冊子が配布された。
<ブログに添付の写真が配布された当時の表紙(1939年)だそうです。>

同書は250万部の発行数を記録し、後の1946年に再リリースされた際はさらに350万部の大ヒット書籍となった。

再リリースから2年後の1948年、ロバートの従兄弟(いとこ)であるジョニーマークス(Johnny Marks)が作詞・作曲し、今日知られるクリスマスソング『赤鼻のトナカイ Rudolph the Red-nosed Reindeer』がリリースされた。

世界的に有名なクリスマスソング『赤鼻のトナカイ』は、こうして誕生したのである。

nice!(1)  コメント(2) 

ルーシー・ワイルド <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

超極秘組織「反悪党同盟」の女性エージェントで、グルーとコンビを組んで
ロシアから盗まれた「PX-41」の行方を追います。
口紅を改造した銃を持ち、潜水艦や飛行機に変わる青い自動車を乗り回します。
ルーシー.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

さとう先生 [はなかっぱ]

はなかっぱ達が通う、学校の先生です。
やさしくいろいろなことを教えてくれます。
さとう先生.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「イランカラプテ」 [今日の歌]

今日は、コーラスがお休みで、大分前に朝のラジオで聴いた歌の紹介です。
アイヌとのコラボ企画でトアエモアが唄ってくれたそうです。
どんな歌か興味があり、調べてみました。
ただ、イランカラプテは、正確な語源から離れて使われてそうです。
イランカラプテ.jpg
アイヌの人々のあいさつ、「こんにちは」には、「あなたの心にそっと
ふれさせていただきます」という温かい思いが込められいて、北海道の
おもてなしの合言葉にしたいそうです。

「イランカラプテ」 唄:新井満

作詞:新井満&秋山テボ
作曲・歌:新井満
https://www.youtube.com/watch?v=9T1I8bE2ye4

遠い町から はるばると
よく来てくれたね 旅人よ
ここは 森と湖の大地
鳥は歌い 風は大空を吹きわたる
イランカラプテ イランカラプテ
君に逢えてよかった
今日はいい日だ

遠い国から はるばると
よく来てくれたね 旅人よ
ここは 雪とぬくもりの大地
いのちの河は ゆったりと流れる
イランカラプテ イランカラプテ
君に逢えてよかった
今日はいい日だ

作詞した新井氏は、ロングセラーになっている「千の風になって」の作
詞者で、同曲で日本レコード大賞作曲賞を受賞しました。作家としても
活躍し、「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞しています。

nice!(0)  コメント(0) 

袋井(出茶屋ノ図) [広重 東海道五十三次]

京から数えて28宿目、袋井宿です。

袋井宿は東海道の京と江戸とのちょうど中間にあるようで、ようやくの感です。
特に絵になるような名所・旧跡がなく、宿場外れの茶屋風景を描いたとされています。
手ぬぐいを被った女が石積みの竈でやかんで湯を沸かしています。
やかんを樹に吊るす風景がおもしろいですね。
客は、二人の駕籠かきと定紋の入った腹掛けをした定飛脚とあります。
駕籠かきの一人は、竈の火で煙管を吸いつけていて、もう一人は駕籠にもたれて
うたた寝をしています。

中央の樹が本命と思い制作に3日かかりましたが、立派になりました。
別々に造っていたら、やかんがやたらに大きくなってしまいました。
同じ作業をする気力がないので、このままで完成としました。

人物を配置すると背景が映らなくなるので、まず “ Before “ です。
28袋井(出茶屋ノ図).JPG
“ After ” が、こちらです。
28袋井after.JPG
原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige040/hiroshige040_main.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

「秋の一日」 [今日の歌]

今日は、練習日でしたが、孫と羽田の飛行機整備工場を見学に行きます。
人気の参観コースで半年前に何とか予約できました。

それで、今日の歌は先日の朝、ラジオで聞いた初めて聴いた「秋の一日」です。
秋の一日.jpg
歌手の下成佐登子さんはポップス、アニメソングの歌手で名前も初めて知った次第です。
とても澄んだ声で歌っています。歌詞に紙飛行機が出てくるので、今日のテーマの飛行機
のある歌にしました。ピアノの弾き語りです。
https://www.youtube.com/watch?v=HFfSshQGlVE


「秋の一日」 作詞・ 作曲:下成佐登子

白いピアノの上に置いた 名もない詩人の詩集
少し開けた窓から秋風が いたずらにめくっている
何を見ても涙ぐむ やりきれない時間
あなたに逢えた日の
あの青い空をなつかしむように
好きと書いたびんせんを折っては
飛行機にして飛ばしてる

あなたがここに居てくれたなら 痛がる程に
抱きしめて離さないのに 好きよ好きよ好きなの
頬に涙ひとすじ残って かわきそうもない夜は
あなたの声を少し思い出し そのまま眠りたい
窓の外で揺れてる薄紅のコスモスの花のように
あなたの言葉ひとつでそれきり 折れてしまいそう

あなたがここに居てくれたなら 痛がる程に
抱きしめて離さないのに 好きよ好きよ好きなの
星がきれいに輝き 眠れそうもない夜は
あなたのくせを少し真似して 鏡の中で笑う


家内も聴いていてCDにしてくれと言うので、Youtube から録音しましたが、
覚えられるかな~?
nice!(0)  コメント(0) 

アグネス <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

三姉妹の三女で、性格が純粋で誰にでも友好的に接しますが、内面では
愛に飢えています。三姉妹の中では最もグルーに懐いています。
ユニコーンが大好きで、ぬいぐるみをねだります。
アグネス.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

たなか先生 [はなかっぱ]

はなかっぱ達の通う学校の先生で、すごい熱血漢です。
いつも「ほっほっほっほっ」とと言って走っています。
たなか先生.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「北上夜曲」 [今日の歌]

2週間ぶりの今日の練習曲は、下記でした。
■ 北上夜曲
■ 車にゆられて
■ 聖者が町にやって来る 
■ 喜びの歌 
■ サウンド・オブ・ミュージック
■ 赤鼻のトナカイ

それで、今日の歌は懐かしの「北上夜曲」です。
北上夜曲.jpg
この歌は、昭和20年代の初めごろから、岩手県盛岡、宮城県仙台あたりから自然発生的に歌われ始めたそうです。
そして、盛岡や仙台の大学・専門学校に日本各地から遊学していた学生たちが帰省の際に持ち帰って、後輩などに教えたことから、しだいに全国に広まり、昭和30年代初めには歌声喫茶の定番曲の1つとなりました。
北上は「きたがみ」ではなく、「きたかみ」と読むのが正しく、響きも澄んだ感じがします。

「コーラスわかやなぎ」の30周年コンサートの美しい混声合唱の歌声が聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=bUZmFhoxz4w

北上夜曲
作詞:菊地規、作曲:安藤睦夫
1 匂い優しい白百合の
  濡れているよなあの瞳
  思い出すのは 思い出すのはは
  北上河原の月の夜

2 宵の灯(ともしび)点(とも)すころ
  心ほのかな初恋を
  思い出すのは 思い出すのは
  北上河原のせせらぎよ

3 銀河の流れ仰ぎつつ
  星を数えた君と僕
  思い出すのは 思い出すのは
  北上河原の星の夜

4 春のそよ風 吹く頃に
  楽しい夜の くちづけを
  思い出すのは 思い出すのは
  北上河原の愛の歌

5 雪のちらちら降る夜に
  君は召されて天国へ
  思い出すのは 思い出すのは
  北上河原の雪の夜

6 僕は生きるぞ 生きるんだ
  君の面影胸に秘め
  思い出すのは 思い出すのは
  北上河原の初恋よ

6番まであるのですが、今回歌うのは3番までです。

「二木紘三のうた物語」に詳しい解説があります。
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_0d5a.html

nice!(0)  コメント(0) 

見附(天竜川図) [広重 東海道五十三次]

京から数えて27宿目、見附宿です。

浜松から見附までは4里7町の長い道のりですが、その途中に「暴れ天竜」と
呼ばれた急流を船で渡らねばなりませんでした。
天竜川の川幅は東海道あたりで約10町(1090m)ほどで、川には中州があり、
大天竜、小天竜と呼ばれていました。この二つの瀬を舟で渡ることを「ニ瀬越え」
と呼んでいたそうです。
この絵も「二瀬越え」の風景を描いたものですが、手前の舟を撮ると向こう側が
見えなくなるので、BEFORE & AFTER で掲載しました。
27見附遠景.JPG 向こう側は行きかう多くの舟や舟待ちの人々がにぎやかですが、手前側は客待ち の二人の船頭ののんびりした風情が描かれています。 中央の舟待ちの集団の制作に一番時間がかかったのですが、結局はよく見えなく なっているのは、まだ、未熟な腕のためですね。 27見附1.JPG 原画はこちらです。 https://data.ukiyo-e.org/metro/images/061-C003-029.jpg
nice!(1)  コメント(2) 

「コロラドの月」 [今日の歌]

2週間ぶりの今日の練習曲は、下記でした。
■ コロラドの月
■ ます
■ 浦のあけくれ
■ 私の回転木馬
■ Sound of Silence
■ 赤鼻のトナカイ

今日は月一度のピアノのK先生がいらっしゃる日で、練習も熱が入りましたが、
2週間経つとすっかり忘れていることも多く、困ったものです。

今日の歌は「コロラドの月」です。我々は混声3部で歌っていますが、同じよう
な譜面で歌っていても女声と男声のパートの取り方が違うと、曲想もえらく違っ
ています。
コロラドの月.jpg

昨年の津久見市民合唱祭から(2017年4月2日 津久見市民会館)
「コール漣」
https://www.youtube.com/watch?v=1JK8Jrar_Hw

「コロラドの月」   モール作詞
            キング作曲
            近藤玲二訳詞

コロラドの月の夜 一人ゆく岸辺に
思い出を運びくる 遥かなる流れよ
若き日、今は去りて 君は何処に
コロラドの月の夜 はかなく夢はかえる

コロラドの山の端に 涙ぐむ星影
今もなお忘られぬ 麗しき瞳よ
夜空に君の幸を 遠く祈れば
コロラドの山の端に はかなく夢は絶えず

我々の楽譜には1番の歌詞だけなのですが、2番は終わった恋の想いが
なお深くしのばれます。

二木紘三の「うた物語」に原詩も含めて解説がありました。時間のある方はどうぞ。
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2013/12/post-e874.html
英語の原詩も紹介されていましたが省略します。

連取後の茶話会でクリスマスコンサートの曲目の確認がありましたが、サウンド・
オブ・ミュージックのメロディーが復活しました。
nice!(0)  コメント(2) 

ししじゅうろく博士 [はなかっぱ]

今回からは、やまびこ村に住む住民です。
発明家で、はす次郎おじいちゃんとは同級生だったとか。
研究所で、いつも“すごいけど、変なもの”ばかりを発明しています。
ししじゅうろく博士.JPG
楽しく制作できました。
nice!(0)  コメント(0) 

イディス <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

三姉妹の次女ですが、好奇心旺盛で何にでも手を付けたがるので、よく騒動を
巻き起こしては、グルーを困らせています。
いつも白い長靴を履いていて、バレエの発表会も長靴でステージに立ちます。
イディス.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「少しは私に愛を下さい」 [今日の歌]

今日はコーラスの練習は休みでした。
実は、昨日、久しぶりに歌の仲間とカラオケに行きましたが、最近、テレビで聴い
た小椋佳さんのコンアートで聴きこの歌が気に入って覚えて歌いました。
歌の題名がとても気になったので、この歌の誕生話を調べたらとんでもないことで
した。
少しは私に愛を下さい.jpg
昔、NHKで放送のあったビッグ3の歌声でそれぞれの「少しは私に愛を下さい」を
楽しめます。

https://www.youtube.com/watch?v=p5vsCdyaIII
「少しは私に愛を下さい」 作詞・作曲:小椋佳
             唄:来生たかお・井上陽水・小椋佳

1)少しは私に愛を下さい
 全てを あなたに捧げた私だもの
 一度も咲かずに 散ってゆきそうな
 バラが鏡に映っているわ
 少しは私に愛を下さい

2)たまには手紙を書いて下さい
 いつでも あなたを想う私だもの
 あなたの心の ほんの片隅に
 私の名前を残してほしいの
 たまには手紙を書いて下さい

3)みぞれの捨て犬 だいて育てた
 やさしい あなたを 想い出しているの
 少しは私に愛を下さい

一生懸命愛しても冷たくする男性にほんの少しでも優しくして欲しい、愛情を示
して欲しいと健気に願う女性の思いを唄った「恋歌」です。が・・・

実は、この歌ができた当時の1971年に小椋さんが勤めていた日本勧業銀行と
第一銀行が合併して第一勧業銀行(現:みずほ銀行)が誕生しました。
合併はしたもののどこにでもある内部の勢力争いがあり、片方が冷遇されたそう
で、その辛い立場のサラリーマンの悲哀と皮肉を込めて「少しは私に愛を下さい」
が誕生したのだとか。
歌中の「バラ」は勧銀のマークでそれを人事部に知られて怒られたそうです。

いやはや、表現者の言葉には裏があるんですが、歌う人がそれぞれ違った想いを
込めて「〇〇を下さい」と歌ってもいいかなと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 

浜松(冬枯ノ図) [広重 東海道五十三次]

京から数えて26宿目、浜松宿です。
家康ゆかりの浜松城は老中に出世する大名が多く、出世城とも言われたようです。
絵の右奥にお城がありますが、実際とは違うそうです。
絵の真ん中に大木があり、広重の特徴だとか。
副題が冬枯の図となっていて、街道で半裸の男たちが焚き火にあたっています。
通りすがりの旅人が興味深くその様子を見ていて、赤子を背負った女が箒で枯葉を
集めている様子が描かれています。
画面にある松の疎林は有名な「颯々(さざんざ)の松」を描いたものらしいです。
26浜松.JPG
こちらは、別角度からです。
26浜松アップ.JPG
最初に絵を見た時に、どうやって創ろうかと一日考え込んでしまいましたが、何とか
完成できうれしい想いの作品になりました。

原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige042/hiroshige042_main.jpg
嬉しいことがありました。みなかみさんに「白須賀」を貰っていただけることに
なりました。置き場所に困っていますので、次の作品の場所ができます。
nice!(0)  コメント(10) 

えぼし麻呂<第六天神社> [マスコット]

今、お世話になっている接骨院で先生が提灯が欲しいと言って
いましたので、小さいですが制作してプレゼントしました。
早速に入口に飾っていただいています。
近い将来、道路の向かいにある第六天神社に納めるかも。
えぼし麻呂第六天神社.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

はなかっぱのお友達 [はなかっぱ]

はなかっぱのお友達が完成したので記念写真を撮りました。
左から、カラバッチョ、ももかっぱちゃん、すぎるくん、てれてれぼうず、
ももかっぱちゃんのお兄さんの5人でした。
ももかっぱちゃんは写真映りが悪いです。
はなかっぱのお友達.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「峠の我が家」 [今日の歌]

今日は、新しく入った男声Iさんの歓迎会をやりました。いつもの「えぼし」で
のランチ会を兼ねましたが、皆さん気心も知れ楽しい時間になりましたね。
練習後に一杯やりながら語らうのは何よりです。
次回は、Iさんの奥様を呼ぶためにもう一人のIさんの奥様を呼ぶことが肝要と
なりましが、どうなりますか。

さて、今日の練習曲は、下記でした。
■ 峠の我が家
■ 赤鼻のトナカイ
■ Sound of Silence
■ コロラドの月
■ 浦のあけくれ
クリスマスコンサートに向け、まずは、音程をしっかりと確認した今日でした。

今日の歌は「峠の我が家」です。この歌の日本語題名には元の歌とは違った意
味が込められているのが解りました。 
峠の我が家.gif
「峠の我が家」 アメリカ民謡 訳詞:岩谷時子

1 あの山をいつか越えて 帰ろうよ我が家へ
  この胸に今日も浮かぶ ふるさとの家路よ
  (コーラス*)
   ああ我が家よ 日の光り輝く
   草の道 歌いながら
   ふるさとへ帰ろう

2 あの山を誰と越えて 帰ろうか我が家へ
  流れゆく雲の彼方 ふるさとは遠いよ
   (コーラス*)
   ああ我が家よ 日の光り輝く
   丘の道歌いながら
   故郷へ帰ろう

ロジャー・ワーグナー合唱団の原語版がありましたので紹介します
" Home On The Range "(峠の我が家) 唄:The Roger Wagner Chorale
https://www.youtube.com/watch?v=vzlcWh-Y_NI

" Home On The Range " 作詞:Brewster Higley (1876)

1. Oh, give me a home where the Buffalo roam
Where the Deer and the Antelope play;
Where seldom is heard a discouraging word,
And the sky is not cloudy all day.
(Chorus*)
A home! A home!
Where the Deer and the Antelope play,
Where seldom is heard a discouraging word,
And the sky is not clouded all day.

2. Oh! give me a land where the bright diamond sand
Throws its light from the glittering streams,
Where glideth along the graceful white swan,
Like the maid in her heavenly dreams.
(Chorus*)

3. Oh! give me a gale of the Solomon vale,
Where the life streams with buoyancy flow;
On the banks of the Beaver, where seldom if ever,
Any poisonous herbage doth grow.
(Chorus*)

4. How often at night, when the heavens were bright,
With the light of the twinkling stars
Have I stood here amazed, and asked as I gazed,
If their glory exceed that of ours.
(Chorus*)

「二木紘三のうた物語」から引用です。(時間のある方はどうぞ)

1871年、医師ブリュースター・ヒグリー(Brewster Higley)は、インディアナ州か
らカンザス州に移住、小さな土地に小屋を建てて暮らしていました。

 ある日、彼は小屋の近くを流れるビーヴァー川の川岸に腰を下ろし、目路をかぎり
の豊かな草原を楽しんでいました。そこかしこで群れ遊ぶバッファローや鹿、アンテ
ロープなどを眺めているうちに、一つの詩想が浮かびました。

 彼はそれをノートに書きつけ、小屋に帰ってから"My Western Home"(『西部の我
が家』)という詩に仕上げました。1872年秋のことです。
 これがのちにアメリカ中で、さらには世界中で歌われるようになった"Home on the
Range"(『峠の我が家』)の原詞です。

 彼はこれを発表するつもりはとくになかったのですが、ある日訪ねてきた地元民の
T.リーズという男がこれを読んで大感激し、ぜひ歌にすべきだとヒグリーを説得した
のです。
 たまたまヒグリーの友人にダニエル・E・ケリー(Daniel E. Kelley)というヴァ
イオリン奏者がいて、彼が作曲を引き受けることになりました。

 できあがった歌は、たちまちその地方一帯の住民たちに愛唱されるようになり、さ
らにその地を通過する移住者や牧童たちによって、西部各地に広められていきまし
た。

 歌詞は自然に恵まれたふるさとを恋うという人間の普遍的な感情を歌ったもの。そ
のため、自分のふるさとを歌った歌詞が付け加えやすく、"My Colorado Home"(『コ
ロラドの我が家』)や"My Arizona Home"(『アリゾナの我が家』)といったヴァリ
エーションが続々と生まれました。

 さまざまな歌詞が広まっていくうちに、もとの作詞者・作曲者の名前はすっかり忘
れられてしまいました。

 原作者が問題になったのは、1920年代に入って、レコードが発売されたり、ラジオ
で流されたりするようになってからです。2人組のアリゾナ人が、曲は自分たちが
作ったものだと主張して、NBCラジオやレコード会社を訴えたのです。
 そのため、"Home on the Range"は、放送もレコード販売もできなくなってしまい
ました。

 被告側も黙っていませんでした。弁護士を雇ってオリジナルを探させたのです。弁
護士は、ミシシッピからカンザスまで中西部各州を歩き回り、ついにヒグリーのオリ
ジナル"My Western Home" の1876年版を発見したのです。
 これにより、原作者問題は決着がつき、放送もレコード販売もできるようになりま
した。

 ヒグリーは1911年、ケリーは1905年に亡くなっていた(ケリーは自殺)ので、この
ドタバタ騒ぎを知ることはありませんでした。

 この歌は、フランクリン・ルーズベルト大統領が1932年に、最も好きな歌だ、と述
べたことで有名です。また、1947年には、この歌がカンザス州の公式の州歌となりま
した。

 ところで、"Home on the Range"は、日本語詞ではいずれも『峠の我が家』となっ
ています。しかし、rangeには峠という意味はありません。
 rangeは連なりとか範囲を示す言葉で、地形について言えば、山脈とか高地、平
原、草原、広野、牧草地などを意味します。ですから、"Home on the Range"をその
まま訳すと、「草原の我が家」とか「牧場の我が家」といった言葉になります。

 だいいち、カンザス州はプレーリーのまっただ中にあり、峠らしい峠、少なくとも
日本人が峠と感じるような地形は見当たりません。州全体が、西のコロラド高原から
東のミズーリに向かって緩やかに傾斜する大平原です。

 それでは、日本語詞の作詞者たちは、なぜ「峠の我が家」としたのでしょうか。

 大平原が広がるアメリカ中西部やモンゴルなどと違って、山の多い日本では、ふる
さとから出て行くにしても帰ってくるにしても、多かれ少なかれ峠を通ることになり
ます。もちろん今はトンネルや道路が整備されて、峠越えしなくてはならないところ
はあまりありません。

 しかし、日本人の長い生活史のなかで、ふるさとは峠のイメージと密接に結びつい
ています。そこで、あえて『峠の我が家』としたのではないでしょうか。
 『峠の我が家』には、峠にある我が家という意味のほかに、峠の先にある我が家と
いう意味も含まれていると思いますが、いかがでしょうか。
nice!(0)  コメント(4) 

マーゴ <怪盗グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

グルーと同居している三姉妹の長女で、しっかり者で面倒見がいいが、
理屈屋で過保護な所がある。フチありの眼鏡をかけている。
映画ではボーイフレンドができるが、失恋してしまいます。
<ボーイフレンドは気の毒にも氷漬けにされました>
マーゴ.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

ももかっぱちゃんのお兄さん [はなかっぱ]

ももかっぱちゃんのお兄さんは、自分が最高にカッコいいと思ってるらしいです。
頭にはいつも「バラ」の花を咲かせるいます。
ももかっぱちゃんのお兄さん.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

「秋の子」 [今日の歌]

今日の練習曲です。
■ 秋の子
■ The Sound of Silence
■ 浦のあけくれ
■ ます
■ 車にゆられて
■ 私の回転木馬
「秋の子」は有名な童謡ですが、初めて歌いました。子供の頃に聞いたことも
なかったのでですが、かえって新鮮に歌えました。

秋の子.jpg

サトウハチロー作詞・末広恭雄作曲

すすきの中の子 一、二、の三人
はぜつりしてる子 三、四、の五人
どこかで やきぐり やいている
つばきを のむ子は 何人だろな

かきの実みてる子 一、二、の三人
さよならしてる子 三、四、の五人
ごはんに なるまで おもりする
おんぶを する子は 何人だろな

ひぐれに走る子 一、二、の三人
ふろたきしてる子 三、四、の五人
こおろぎ あちこち なきだした
さみしく 聞く子は 何人だろな

唄;小鳩くるみ
https://www.youtube.com/watch?v=b9DkVdbWRSc

作曲者の末広恭雄は「お魚博士」で大変有名な方だそうで、一時期、弘田龍太郎と
山田耕筰の下で作曲を勉強されたそうです。
東大の魚博士が作曲活動をするという二つの活動領域は、一般に考えづらいのですが、
幼少期にお母様が子守唄がわりにオルガンを弾いて寝かしつけていたほどの音楽好きで、
幼稚園に入るとドレミファの指使いを教えたそうです。

今日の練習ではアルトの響きがいいとお褒めにあずかりました。男声も頑張らないと
いけませんね。「ます」もパートソロをヤクザが仁義を切るように歌ってOKが出ま
した。思い切り声を出すのも勇気が必要だと証明された形です。
「浦のあけくれ」は合唱部の仕上げをやりました。次回はそれぞれのパートソロが特
訓でしょうか。「私の回転木馬」は時間切れで、男声は課題を残しました。

クリスマスコンサートには、今日の4曲が決定だそうで、先生からサプライズの発表
もありまいした。女声と男声がそれぞれ2部合唱することで、「ヴィムラ・カンパニー」
を歌うこと、OKを貰いました。
nice!(0)  コメント(2) 

舞坂(今切真景) [広重 東海道五十三次]

京から25宿目、舞坂宿です。
荒井宿から浜名湖を渡って舞坂宿着です。
手前の莚の帆が立っているあたりが舞坂付近となっています。
初めて富士山が登場しました。どうでしょうか。やっぱりいいですね。
以前にも記載しましたが、浜名湖は汽水湖だったのが、明応の大地震
(1498年)で砂州が決壊して海水と混じりあった淡水湖になったそうです。
湖面には沢山の舟が鰻の漁をしているとのことです。
湖面の沢山の杭は、遠州灘よりの荒波を静める、今で言うテロラポットの役目を
していました。

原画を見て、やっかいだったのが、近景の様子が全く判らないことで、勝手に想像
して制作しました。
絵は庄内半島を描いているらしいのですが、こんな険しい山はありません。
25舞阪.JPG
別角度からです。
25舞阪アップ.JPG

原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige043/hiroshige043_main.jpg
今回は山造りが大仕事でした。
nice!(1)  コメント(2) 

日本ハムファイターズ [マスコット]

先日、旧作を家内が札幌の友人に贈ったので、新バージョンを制作しました。
日本ハムファイターズ新.JPG
前の方が力が入っていたような気がしますが・・・。
ファイターズ.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

” Vive La Compagnie “ [今日の歌]

今日は、コーラスのお休みの日です。
それで、今日の歌は、学生時代に何かの打ち上げなどで必ず歌った
” Vive La Compagnie “ です。
昔は、横文字の意味も解らず、若さだけで歌っていました。
今でも、大勢でお酒を飲んでいる時には頭の中でメロディーが流れて
います。
Vive La Compagnie2.jpg

ご存じない方にもあるので、まずは、私の知っている歌詞を紹介します。

” Vive La Compagnie “

いざや酌めよ杯 Vive La Compagnie
干せよ花の乙女に Vive La Compagnie
Vivela Vivela Vivelamuur Vivela Vivela Vivelamuur
Vivelamuur Vivelamuur Vive La Compagnie

いざや酌めよ杯 Vive La Compagnie
干せよ楽し仲間に Vive La Compagnie
Vivela Vivela Vivelamuur Vivela Vivela Vivelamuur

Vive-La-Compagnie[1].png
この歌の歌詞の横文字はフランス語らしく、「Vive」は「万歳」、
「la Compagnie」は「同席の人、仲間、みんな」、「l'amour」は
「愛」を意味するようです。ですから、「仲間バンザイ! 愛バン
ザイ!」といったような、若々しく勢いのある古い学生歌です。
横文字の部分は意味も解らず歌っていましたが、先輩のソリストが歌う
日本語の部分でその意味が表されていましたね。
フランス語なのですが、主として英語圏で歌われているのも謎ですね。

いろんな男声合唱団、グリークラブが歌っていますが、私の好きなブラザース
フォーも歌っていましたので紹介します(you tube)。
Vivelamuur Vivelamuur Vive La Compagnie

こういうのを酒席で歌って楽しめるのが男声合唱の魅惑です。
nice!(0)  コメント(4) 

ネファリオ博士 <怪盗グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

グルーの家に暮らすマッドサイエンティストで、頭脳明晰だが奇人です。
悪党をやめ、ゼリーとジャムの開発をしているが、悪事三昧だった昔を恋しく思っています。
年齢は約150歳と一度で紹介されたが、新作では80ー90歳代と推測されます。
ネファリオ博士.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

カラバッチョ [はなかっぱ]

はなかっぱの同級生です。
空を飛べないのが、残念なようです。毒舌家で、いつも皮肉めいたことを言っています。
カラバッチョ.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -