So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

嶋田(大井川駿岸) [広重 東海道五十三次]

京から数えて32宿目、嶋田宿です。
金谷宿と嶋田宿の間には、遠江と駿河の国境であった大井川があります。
この川も橋がなく、川越人足による徒行(かち)渡しでした。
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と唄われたように、ひとたび
雨が降って増水すると何日も川留めされました。
大名行列の先頭の者たちが、肩車や平輦(ひられん)台で渡る間に、手前では鉄砲や
長槍を持つ武士たち、行列の主の駕籠、荷物の上で休む者たちがいます。
右側には、人足たちの休む小屋もあります。
32嶋田.JPG
少しアップした写真です。
32嶋田2.JPG

原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige036/hiroshige036_main.jpg


nice!(0)  コメント(3) 

「夜明けのうた」 [今日の歌]

今年最初の練習から、今日の歌は「夜明けのうた」です。

夜明けの歌.jpg
この歌は岸洋子さんの持ち歌ですが、コーラスを探してみました。

市民合唱祭  コーラス和(なごみ)
https://www.youtube.com/watch?v=8gRwyqSwK8Q

コーラス和は、名寄市のようですね。

nice!(0)  コメント(3) 

「カブトニン」 [ムシ忍]

新シリーズの「ムシ忍」です。
これは、バンダイのおもちゃのおまけについてるらしいです。
もちろん単品でも売っていますが、私は買っていません。
最初は「カブトニン」です。
カブトニン.JPG
カブト族に属し、クヌギの樹液が好物です。
カブトニンは硬い体と大きな角が生えた力持ちのムシ忍で、
角が大きいほど強いと言われ、角を大事にしている。
カブト忍法「ツノ返し」で相手を角ですくい上げ、すごいパワーで投げ飛ばす
カブトニンの必殺技です。
nice!(0)  コメント(0) 

まよいばあさん [はなかっぱ]

やまびこ村の村民です。
いつも道にまよっているそうで、
話しだすと長いんだよそうな。
まよいばあさん.JPG
どこが眼だか、しわが多くて判らなくなりました。

nice!(0)  コメント(2) 

「デュエットするワンちゃん」 [十二支]

新年、あめでとうございます。
歌好きの夫婦なもので、こんなのを創りました。
ヂュエットわんちゃん.JPG
nice!(0)  コメント(5) 

「高砂」 [今日の歌]

今日の歌は、新年を迎え、長寿を願って結婚式で謡われるお祝いの歌、「高砂」です。
たまには、こんなのもいいですね。

能楽金剛流高砂の待謡 高砂や
金剛流 高砂や
https://www.youtube.com/watch?v=K1MlTpi7n3I

【謡曲】 作曲者:不明

高砂(たかさご)

  たかさごや、このうら船に帆をあげて、
  月もろともにいで汐(しほ)の、波のあはぢの島かげや、
  とほくなるをの沖すぎて、はやすみの江に着きにけり、
  はやすみの江につきにけり。

翁媼.jpg
この作品は、姪の結婚のお祝いに制作して以前に掲載したものです。
テキストにあったものですが、制作方法は書いてなく、曲線を出すのに
一工夫ありました。
懐かしい作品です。


nice!(0)  コメント(1) 

金谷(大井川遠岸) [広重 東海道五十三次]

京から数えて31宿目、金谷宿です。
遠景の山々は、今の牧之原台地の北東縁にあたるそうです。
しかし高くなっているような山は存在せず、広重の構図作りで描かれたもののそうです。
昔は大井川を境にして駿河と遠江に分けていました。
山麓の家屋のあるところが金谷坂で、金谷宿はこの麓になるようです。
現在は、大井川橋がかかっていますが、当時は幕府の政策で徒行(かち)渡しとなって
いて、大勢の渡し人足が働いていました。
31金谷.JPG
別角度からです。
31金谷アップ.JPG
原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige037/hiroshige037_main.jpg

兎にも角にも、小さい人物を大勢制作して疲れましたが、完成するとまぁまぁでした。
nice!(1)  コメント(4) 

「サイレントナイト」 [今日の歌]

今日の歌は前回と同じ、サイモンとガーファンクルの歌う「サイレントナイト」です。
サイレントナイト.jpg
朝のラジオで聴いて、おもしろいと思いました。何がおもしろいのか聴いてのお楽しみ
にします。
Simon & Garfunkel - Silent Night/7 O' Clock News
https://www.youtube.com/watch?v=WgYFXCUEL4Y

解説をコメント欄に入れておきます。

nice!(0)  コメント(5) 

グルーの月泥棒全員集合 [デズニーキャラ]

映画「グルーの月泥棒」作品の集合写真です。
全員.JPG

この作品は脚が下に細くなるのが多く、立たせるのに大変でした。
早く、貰い手が出ればいいですね。
次のシリーズは、バンダイから出ている「ムシ忍」にしました。

nice!(0)  コメント(0) 

豆地蔵 <鈴イヤリング風> [豆地蔵]

今年、ブログやらでお世話になった方へのお礼で制作しました。
豆地蔵 両鈴.JPG
豆地蔵 両鈴1.JPG

従来もは、鈴を頭の中に入れていたのですが、なかなかうまく鳴らないので、思い切って
外に出しました。邪魔にならないよう、車にでも飾っていただいたら嬉しいですね。

nice!(0)  コメント(4) 

「サウンド・オブ・サイレンス」 [今日の歌]

今日の歌は、本日のコンサートで歌った「サウンド・オブ・サイレンス」です。
この歌は、映画「卒業」でサイモンとガーファンクルが歌っていました。
不思議な哀愁のあるメロディーで大ヒットしました。
サウンド・オブ・サイレンス.jpg

サイモン&ガーファンクルが唄っています。
https://www.youtube.com/watch?v=cpOxTL1ueDM

原詩と直訳です。

Hello darkness, my old friend  やぁ「暗闇」 僕の古い友人
I’ve come to talk with you again  また君と話をしに来たよ
Because a vision softly creeping  なぜかって、あるビジョンが忍び寄ってきてるからさ
Left its seeds while I was sleeping 僕が寝ている間に残された「種」
And the vision that was planted in my brain そして、 僕の頭に残るそのビジョンは
Still remains within the sound of silence 今もまだ「静寂」の中に潜んでいる

In restless dreams I walked alone そわそわした夢の中、僕は独りで歩いていた
Narrow streets of cobblestone 石畳の狭い通りをね
Neath the halo of a street lamp 街灯の明かりの下
I turned my collar to the cold and damp 僕は街の寒さに襟を立てた
When my eyes were stabbed by the flash of a neon light 僕の目にネオンの光が飛び込んだ時
That split the night And touched the sound of silence それは夜を切り裂き、「静寂」に触れたんだ

And in the naked light I saw その光の中で僕が見たのは
Ten thousand people, maybe more 一万人 たぶんそれ以上の人々
People talking without speaking みんな しゃべってはいるけど会話はしていない
People hearing without listening みんな 聴いてはいるけど聞いてはいない
People writing songs that voices never share みんな 誰に聴かせるでもない歌を書いている
And no one dare Disturb the sound of silence そして 誰もこの「静寂」を妨げない

“Fools” said I, “You do not know Silence like a cancer grows” 「愚か者!」僕は言った
“You do not know Silence like a cancer grows” 「君たちは知らないのか?「静寂」は癌のようにはびこることを」
Hear my words that I might teach you 「教えるから 僕の声を聞くんだ」
Take my arms that I might reach you 「差し伸べるから 僕の腕をつかむんだ」
But my words like silent raindrops fell だけど 僕の言葉は静かに雨粒のように落ちた
And echoed In the wells of silence そして 「静寂」の井戸の中でこだまする

And the people bowed and prayed そして 人々は頭を垂れ祈る
To the neon god they made. 彼らが作った「ネオンの神」に
And the sign flashed out its warning. すると 光って発せられたお告げが警告する
In the words that it was forming And the signs said. ネオンが作り出したお告げはこう言っていた
”The words of the prophets are written on the subway walls And tenement halls.“ 「予言者の言葉は地下鉄の壁や安アパートの玄関に書かれている」
And whisper’d in The Sounds of Silence. そして 「静寂」の中でささやいた。

以下はネットにあった解説です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英語歌詞には、「ビジョン」「ネオンの神」「お告げ」といった「聖書」にある言葉があります。
タイトルの「サウンド・オブ・サイレンス」は「静寂」の意味ですが、「社会の静寂」という感じで解釈する向きもあります。
歌の途中で、「みんな しゃべっているけど会話していない」「みんな 聴いているけど聞いてない」という部分は、時代が進むにつれて人と人とのつながりが希薄になっていることや、お互いに関心を持つことが減っていることへの漠然とした不安を示しているようです。
もしくは、社会が何か見て見ぬフリをすることへの憤り。歌詞に登場する「ネオン」が意味するのは、「現代」?お告げは「地下鉄の壁」「安アパートの玄関」に書かれていると歌詞にありますが、どちらも「スラム街などの落書き」を連想しますよね。つまりは、「貧困層の声」?
現代社会、貧困層など見たくないモノは、見て見ぬフリをして、そういう慣習は社会に静かに広まっていき、このことに誰も声をあげない。こんな不安を思う歌なのかなと。深読みしすぎですかね(笑)
nice!(1)  コメント(7) 

「うなりくん」 [ゆるキャラ]

今年のゆるキャラグランプリで優勝した「うなりくん」を制作してみました。
うなりくん.JPG
「うなりくん」は、千葉県成田市の観光PRキャラクターで、公募と市民人気投票で決められ誕生したそうで、市の「特別住民票」が交付されていて、特別観光大使に任命されています。
昨年度は、22位だったそうです。鰻と飛行機の合体キャラでしょうか。
ゆるキャラも、傾向の変化が出てきたようです。

nice!(0)  コメント(0) 

「聖者が町にやってくる」 [今日の歌]

今日は練習後に、Oさんとランチを一緒にして、前から気になっていた昼カラオケ屋
さんに行きました。何と店のマスターは、当市のカラオケの元祖みたいな方で、いろ
んな話を伺いました。

それで、今日の歌はクリスマスコンサートで唄う一曲の「聖者が町にやってくる」です。
この歌には「聖者の行進」の名前もありますが、歌詞の内容からはこちらが正しいよう
です。
聖者が町にやってくる.jpg
アメリカ讃歌と名前の付いた「聖者の行進」を、S.T.ジョーンズ合唱団による
本格的な合唱で聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=dXEbETj_faE

「聖者が町にやってくる」は、スピリチュアル(黒人霊歌)に起源を発するアメリカ
歌曲で、今はゴスペルやジャズナンバーとして有名ですが、ジャズ発祥の地ルイジアナ
州ニューオリンズでは葬儀の際に用いられ、「ジャズ葬儀(Jazz funeral)」と呼ばれ
ています。この歌詞の内容はタイトルの通り宗教色が強く、特に「ヨハネの黙示録
(the Book of Revelation)」の内容が歌詞の随所に盛り込まれているそうです。
私たちの唄う曲の歌詞は小林幹治氏による歌詞で、とても楽しい内容です(割愛)。
編曲が、小林英雄氏のもので、低音部パートのリズムが少し難しく、女声に唄って
貰っています。メロディーを任された男声は明るく楽しく唄います。

<以下は、ネットで見たこの歌の解説です>
We are traveling in the footsteps
Of those who’ve gone before,
And we’ll all be reunited,
On a new and sunlit shore,

私たちは逝ってしまった人たちの
足跡を踏みながら旅をしている
そしてやがてひとつになるのだ
新しく光り輝く岸辺で

Oh, when the saints go marchin’ in
Oh, when the saints go marchin’ in
Lord how I want to be in that number
When the saints go marchin’ in

聖者が行進していく時
聖者が行進していく時
神よ、私もそこに居たいのです
聖者が行進していく時


nice!(0)  コメント(3) 

日坂(佐夜ノ中山) [広重 東海道五十三次]

京から数えて30宿目、日坂宿です。

この辺りは佐夜ノ中山と言われる旅の難所で、日坂宿を過ぎて峠に行く途中に夜啼石という
遠州七不思議のひとつがあります。
http://www.shizufan.jp/netamap/seibu/18592/
坂の下で旅人たちが恐る恐る取り囲んでいるのが夜啼石で、石には「南無阿弥陀仏」と
書かれているそうです。もちろん我が作品には書いていません。
彼方の青い山は無間山(粟ケ岳)となっています。この山にあった観音寺には撞くと
現世で大金持ちになるが死後無間地獄に落ちるという無間の鐘があったそうです。
30日坂.JPG
別角度からです。
30日坂アップ.JPG

原画はこちらです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7d/Tokaido_Hoeido_26_Nissaka.png

人物を制作するため絵を詳しく見たら、坂を駆け上がっている2人は駕籠かきで、何と、
駕籠を担いでいました。今回も曲がりくねった松の樹に苦労しました。
nice!(1)  コメント(4) 

「車にゆられて」 [今日の歌]

今日は、ピアノの先生が見えたので茶話会があるのですが、午後から孫と遊びに行く
予定があり、サボりました。

それで、今日の歌は、今度のコンサートで歌う「車にゆられて」です。
日本でも有名な歌ですが、サビの部分で繰り返し歌詞に登場する「ラクカラチャ」の
意味が判らず調べたらとんでもない意味でした。
ラクカラチャ.jpg
これは、何と台所の嫌われもののあの黒褐色のつやつやとした原始的な昆虫「ゴ○○リ」
のことだそうです。
それにしても、人々から忌み嫌われるあの「ゴ○○リ」がなぜ歌詞に登場するのか?
この謎についてはドナドナ研究室 「ラクカラチャの謎」でクローズアップしているので
参考にして下さい。

「車にゆられて」
東京放送児童合唱団の皆さんが元気に唄っています。
https://www.youtube.com/watch?v=x_dTA8bwV4

「車にゆられて」 メキシコ民謡 作詞:佐木 敏 作曲:松本恒敏
1 山のふもとまで 続いている道
  森のはずれには サイロが見えるよ
  車にゆられて 仕事にでかける
  ぼくたちの顔に 朝日がまぶしい
  ラ・クカラチャ ラ・クカラチャ
  ゆらゆらゆれて
  (*)ラ・クカラーチャ ラ・クカラーチャ
     牧場(まきば)の中の
     ラ・クカラーチャ ラ・クカラーチャ
     でこぼこ道を
     ラ・クカラーチャ ラ・クカラーチャ
     車がゆくよ
2 草刈りの仕事 ぼくたちの仕事
  一日働き 車にいっぱい
  乳をしぼるのは きみたちの仕事
  空を見上げれば お日さま笑う
  (*繰り返す)

3 乾草を運ぶ 車の上でも
  ギターにあわせて ゆかいに歌おうよ
  夕日に向かうと 長い影ぼうし
  ぼくらのあとから 追いかけてくる
  (*繰り返す)

「ラクカラチャの謎」はこちらにあります。どんな何か深い意味が隠されているのか
楽しみに・・・。
http://www.worldfolksong.com/closeup/cucaracha/page7.htm

nice!(0)  コメント(3) 

アントニオ・ペレス <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

エドアルドの息子です。
マーゴとデートの途中で別の少女に惹かれてしまうなど、浮気性の男子です。
アントニオ.JPG
これで、グルーの月泥棒のシリーズを終えました。
「はなかっぱ」は、まだまだ登場人物?がいて継続制作しますが、
さて、次は何にしようか、思案中です。


nice!(0)  コメント(0) 

すみれさん [はなかっぱ]

ファンシーショップのお姉さんです。
やる気がないみたいだけど、おしゃれで、女の子たちの流行を
先取りしています。
すみれさん.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「サザエさん」 [今日の歌]

今日もクリスマスコンサートの曲を練習しました。
後半は、アニメソングでした。
その中で、今日の歌は「サザエさん」です。
サザエさん.jpg
誰もが知っている国民的アニメソングです。
長谷川町子さんが亡くなってもずっとテレビで放映されてきました。
ずっと番組のスポンサーをしていた、T社ですが、昨年来の不祥事で、スポンサーを
降りるようです。
この歌は、シャンソン歌手・宇野ゆう子さんが唄っているのですが、当時(44年前)の
ギャラは3000円だったそうで、何故か印税もないようです。

「サザエさん」 林春生作詞・筒美京平作曲 唄:宇野ゆう子
https://www.youtube.com/watch?v=EzRljI0BOqU

「サザエさん」 林春生作詞・筒美京平作曲 唄:宇野ゆう子

お魚くわえたどら猫 追っかけて
はだしでかけてく 陽気なサザエさん
みんなが笑ってる お日さまも笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

子供を集めて広場で 草野球
打っても投げても 元気なサザエさん
みんなが笑ってる 青空も笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

買物しようと町まで 出かけたが
財布を忘れて 愉快なサザエさん
みんなが笑ってる 子犬も笑ってる
ルルルルルル 今日もいい天気

明るい笑顔に幸せが ついてくる
楽しい仲間と 陽気なサザエさん
みんなが笑ってる 夕焼けも笑ってる
ルルルルルル あしたもいい天気


「サザエさん通り」というのが、日本に2ヵ所あるようです。
ひとつは、漫画「サザエさん」発祥の地である福岡市早良区、もうひとつは、東京の世田谷区でここは
作者の長谷川町子氏が住んでいました。
作者は、福岡市百道を散歩中にこの漫画をひらめいたそうで、磯野家を初め登場人物の名前が
海にちなんだものになっています。
また、作者がとても忘れっぽい性格だったため、「磯野家の謎」といった都市伝説が生まれる背景に
なっています。その極みは、サザエさん一家が海に帰り、海産物や船になってしまうのがあるそうです。

nice!(0)  コメント(2) 

ドルー・グルー <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

グルーの双子の兄弟であり、大富豪の男であるドルーこと・ドルー・グルー。
子供の頃からずっと疎遠だったこともあり、双子ながら髪の毛がふさふさで
ドルーとは外見も性格も大きく違うのが特徴。
共通点といえばグルー家のワルの血が流れているということで、グルーをワルの
世界に引き込むのもほかでもない彼なのです。
ドルー・グルー.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

ふわ吉 [はなかっぱ]

はなかっぱより年上の、近所に住んでるはなかっぱ族のお兄さんです。
何でも迷ってしまって決められません。
”自分の花”が決められないから、
いまでも”とりあえずの花”が咲いています。
ふゆ吉.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「ブラームスの子守歌」 [今日の歌]

今日もクリスマスコンサートの曲を歌う練習をしました。
でも今日の圧巻は、練習後の懇親食事会の終わりに唄った男声の「ヴィムラ・
カンパニー」でした。初心者が多くて別にハモッてもいなかったのですが、
歌うことの楽しさを感じていただいた1分間だったと思います。
それで、今日の歌は、男声だけじゃないと女声が歌う「ブラームスの子守歌」です。
やはり、男声より経験豊かな方々は最初からきちんと歌えていましたね。
ブラームスの子守歌.jpg
ウィーン少年合唱団が唄っています(CM4秒)。
https://www.youtube.com/watch?v=tY0IQhLbj38

堀内敬三氏の訳が一般的なのですが、先生は内田伊左治氏のを採用されました。

1.夕べの蝶 汝(な)をいとない
  花かおる 夢に誘う
  眠れ吾子よ 花の胸に
  ねむの花の 咲く朝まで

2.み使いたち 汝をおとない
  星滿つる 国に誘う
  眠れ吾子よ 母の歌に
  清き鐘の 鳴る朝まで

この歌は、1868年7月にボンで、ブラームスの友人であったベルタ・ファーバーに
次男が生まれたことを記念して作曲されました。ファーバーはハンブルクでブラームスが
指導していた女声合唱団の一員で、特に親しかったと伝えられています。

NHKの番組の実験では「ブラームスの子守唄」を泣いている赤ちゃんに聞かせたところ、85%が泣き止みました。
赤ちゃんは、胎内にいる時の母親の心臓音に似た環境を聞くと安心するようです。
nice!(0)  コメント(2) 

掛川(秋葉山遠望) [広重 東海道五十三次]

京から数えて29宿目、掛川宿です。

秋葉山の山頂近くに秋葉大権現があり、宿場の西を流れる倉真川に架かる大池橋の
たもとから見た風景だそうです。
手前に2つの常夜灯があり、大権現への参道、秋葉道を示唆しているそうです。
橋の上では旅の僧と行き合った老夫婦が深々と腰を折ってお辞儀をしています。
腰の低さが信心の高さを現しているんだそうです。
遠方に見える秋葉山は岩山風に描かれていますが、実際はそんなことはないそうです。
空には凧が舞っていて、いろんなものを制作できて楽しかったですね。

これは通行人がいない風景です。
29掛川 遠望.JPG
こちらが、鳥瞰図的な風景です。
29掛川(秋葉山遠望).JPG

原画はこちらです。
https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/50/0000015750/90/img7e9947e0xx0wkg.jpeg

この作品のメインが橋と思い、1週間かかりました。常夜灯も結構な時間がかかりました。
nice!(0)  コメント(2) 

「赤鼻のトナカイ」 [今日の歌]

今日は練習後に、男声で唄う「ヴィムラ・カンパニー」を練習しました。久し振りの男声合唱は心地よいものでしたね。

それで、今日の歌は、12月20日(水)で歌う、クリスマスコンサートの一曲「赤鼻のトナカイ」です。「サンタが街にやってくる」、「ジングルベル」と並ぶ三大クリスマスソングで、作詞作曲者のジョニーが亡くなった1985年までに「赤鼻のトナカイ」の総売上は1億5千万枚を突破してるそうです。
赤鼻のトナカイ1.jpg
この歌の誕生秘話(実話)をネットから下記に転載しました。父の娘に対する愛情が一杯です。


「赤鼻のトナカイ」  AKB48が唄っています。
https://www.youtube.com/watch?v=EAEZonZqGo4


作詞・作曲:ジョニー・マークス (Johnny Marks)
日本語訳詞:新田 宣夫

いつもみんなの 笑いもの
でも その年の クリスマスの日
サンタのおじさんは 言いました
暗い夜道は ピカピカの
おまえの鼻が 役に立つのさ
いつも泣いてた トナカイさんは
今宵こそはと 喜びました~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・
ルドルフ 赤鼻のトナカイ誕生秘話(実話)
時間のある方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「まっかなお鼻のトナカイさんは♪」と歌われるトナカイ「ルドルフ Rudolph」は、1938年のアメリカ・シカゴで誕生したクリスマスのキャラクター。
作者は、当時シカゴに住んでいた男性会社員のロバート・メイ(Robert L. May/1905-1976)。妻エヴリン(Evelyn)と4歳のバーバラ(Barbara)の3人家族だった。

この頃のアメリカは、1929年10月の株価大暴落(ブラック・マンデー)による金融恐慌から始まった不景気にいまだ苦しんでいた。

通信販売を手掛けるモンゴメリー・ウォード (Montgomery Ward) 社で広告宣伝・コピーライターとして働いていたロバート・メイだったが、妻がガンに倒れ、ただでさえ少ない給料は妻の治療代・薬代に消えていった。

生活は苦しく、一向に景気も回復しない毎日。最愛の妻は回復の見込みもなく、4歳になる娘バーバラは元気のない母を見て不安そうにしょんぼりしている。

あるとき、娘バーバラは父に尋ねた。「どうして私のママは、みんなと違うの?」

これまで母親に十分に甘えさせてやることもできず、貧しい生活の中でたくさんガマンをさせてしまったであろう娘バーバラの突然の心からの一言に、父ロバートは愕然とした。

「ああ、私はこんな幼い子になんてつらい思いをさせてしまっていたんだ。ああ、何かこの子を喜ばせてあげられるものはないのか?私は所詮貧しいコピーライター。今の私に出来ることと言ったら…」

娘が言い放った「みんなと違う」の一言は、一方で父ロバートの幼い頃の記憶を呼び起こしていた。ロバートは子供の頃、体が弱く痩せて小柄だったためにいじめられ、貧しくて進学することもできなかったのだ。

幼い頃に「みんなと違う」といじめられた自分、「私のママは、みんなと違う」と悲しむ娘、父ロバートの頭の中を「みんなと違う」というフレーズがぐるぐると巡っていた。

「ちょうど今はクリスマス、子供にも人気のサンタクロースとトナカイのお話に、このフレーズを生かして、何か娘が喜ぶ楽しいお話を作ってやれないだろうか…?」

強いインスピレーションを受けたロバートは、寂しそうに尋ねる娘バーバラを前にして、即興で赤鼻のトナカイ「ルドルフ Rudolph」のお話を始めた。

ルドルフは、その真っ赤な鼻を仲間のトナカイから笑われ、いじめられていた。ルドルフは「みんなと違っていた」のだ。

でもクリスマスの夜、その「みんなと違う」赤い鼻がサンタの役に立って、ルドルフは心から喜んだというハッピーエンディングのストーリーが、ロバートの口から流れるように紡ぎだされていった。

この赤い鼻のルドルフのお話を娘は大変喜び、ロバートは後日手作りの本にまとめてクリスマスプレゼントとして娘へ贈ったという。亡くなった奥さんも天国で喜んでいたに違いない。

その後、務めていた会社のパーティでルドルフのストーリーを朗読すると、会場から割れんばかりの拍手。大絶賛を受けたこの話は、次のクリスマスに会社の宣伝用冊子として配布されることが決定した。

1939年のクリスマスシーズン、ロバートが務めていたモンゴメリー・ウォード (Montgomery Ward) 社から、「ルドルフ 赤鼻のトナカイ Rudolph the Red-Nosed Reindeer」のタイトルで無料の冊子が配布された。
<ブログに添付の写真が配布された当時の表紙(1939年)だそうです。>

同書は250万部の発行数を記録し、後の1946年に再リリースされた際はさらに350万部の大ヒット書籍となった。

再リリースから2年後の1948年、ロバートの従兄弟(いとこ)であるジョニーマークス(Johnny Marks)が作詞・作曲し、今日知られるクリスマスソング『赤鼻のトナカイ Rudolph the Red-nosed Reindeer』がリリースされた。

世界的に有名なクリスマスソング『赤鼻のトナカイ』は、こうして誕生したのである。

nice!(1)  コメント(2) 

ルーシー・ワイルド <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

超極秘組織「反悪党同盟」の女性エージェントで、グルーとコンビを組んで
ロシアから盗まれた「PX-41」の行方を追います。
口紅を改造した銃を持ち、潜水艦や飛行機に変わる青い自動車を乗り回します。
ルーシー.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

さとう先生 [はなかっぱ]

はなかっぱ達が通う、学校の先生です。
やさしくいろいろなことを教えてくれます。
さとう先生.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「イランカラプテ」 [今日の歌]

今日は、コーラスがお休みで、大分前に朝のラジオで聴いた歌の紹介です。
アイヌとのコラボ企画でトアエモアが唄ってくれたそうです。
どんな歌か興味があり、調べてみました。
ただ、イランカラプテは、正確な語源から離れて使われてそうです。
イランカラプテ.jpg
アイヌの人々のあいさつ、「こんにちは」には、「あなたの心にそっと
ふれさせていただきます」という温かい思いが込められいて、北海道の
おもてなしの合言葉にしたいそうです。

「イランカラプテ」 唄:新井満

作詞:新井満&秋山テボ
作曲・歌:新井満
https://www.youtube.com/watch?v=9T1I8bE2ye4

遠い町から はるばると
よく来てくれたね 旅人よ
ここは 森と湖の大地
鳥は歌い 風は大空を吹きわたる
イランカラプテ イランカラプテ
君に逢えてよかった
今日はいい日だ

遠い国から はるばると
よく来てくれたね 旅人よ
ここは 雪とぬくもりの大地
いのちの河は ゆったりと流れる
イランカラプテ イランカラプテ
君に逢えてよかった
今日はいい日だ

作詞した新井氏は、ロングセラーになっている「千の風になって」の作
詞者で、同曲で日本レコード大賞作曲賞を受賞しました。作家としても
活躍し、「尋ね人の時間」で芥川賞を受賞しています。

nice!(0)  コメント(0) 

袋井(出茶屋ノ図) [広重 東海道五十三次]

京から数えて28宿目、袋井宿です。

袋井宿は東海道の京と江戸とのちょうど中間にあるようで、ようやくの感です。
特に絵になるような名所・旧跡がなく、宿場外れの茶屋風景を描いたとされています。
手ぬぐいを被った女が石積みの竈でやかんで湯を沸かしています。
やかんを樹に吊るす風景がおもしろいですね。
客は、二人の駕籠かきと定紋の入った腹掛けをした定飛脚とあります。
駕籠かきの一人は、竈の火で煙管を吸いつけていて、もう一人は駕籠にもたれて
うたた寝をしています。

中央の樹が本命と思い制作に3日かかりましたが、立派になりました。
別々に造っていたら、やかんがやたらに大きくなってしまいました。
同じ作業をする気力がないので、このままで完成としました。

人物を配置すると背景が映らなくなるので、まず “ Before “ です。
28袋井(出茶屋ノ図).JPG
“ After ” が、こちらです。
28袋井after.JPG
原画はこちらです。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/items/hiroshige040/hiroshige040_main.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

「秋の一日」 [今日の歌]

今日は、練習日でしたが、孫と羽田の飛行機整備工場を見学に行きます。
人気の参観コースで半年前に何とか予約できました。

それで、今日の歌は先日の朝、ラジオで聞いた初めて聴いた「秋の一日」です。
秋の一日.jpg
歌手の下成佐登子さんはポップス、アニメソングの歌手で名前も初めて知った次第です。
とても澄んだ声で歌っています。歌詞に紙飛行機が出てくるので、今日のテーマの飛行機
のある歌にしました。ピアノの弾き語りです。
https://www.youtube.com/watch?v=HFfSshQGlVE


「秋の一日」 作詞・ 作曲:下成佐登子

白いピアノの上に置いた 名もない詩人の詩集
少し開けた窓から秋風が いたずらにめくっている
何を見ても涙ぐむ やりきれない時間
あなたに逢えた日の
あの青い空をなつかしむように
好きと書いたびんせんを折っては
飛行機にして飛ばしてる

あなたがここに居てくれたなら 痛がる程に
抱きしめて離さないのに 好きよ好きよ好きなの
頬に涙ひとすじ残って かわきそうもない夜は
あなたの声を少し思い出し そのまま眠りたい
窓の外で揺れてる薄紅のコスモスの花のように
あなたの言葉ひとつでそれきり 折れてしまいそう

あなたがここに居てくれたなら 痛がる程に
抱きしめて離さないのに 好きよ好きよ好きなの
星がきれいに輝き 眠れそうもない夜は
あなたのくせを少し真似して 鏡の中で笑う


家内も聴いていてCDにしてくれと言うので、Youtube から録音しましたが、
覚えられるかな~?
nice!(0)  コメント(0) 

アグネス <グルーの月泥棒> [デズニーキャラ]

三姉妹の三女で、性格が純粋で誰にでも友好的に接しますが、内面では
愛に飢えています。三姉妹の中では最もグルーに懐いています。
ユニコーンが大好きで、ぬいぐるみをねだります。
アグネス.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

たなか先生 [はなかっぱ]

はなかっぱ達の通う学校の先生で、すごい熱血漢です。
いつも「ほっほっほっほっ」とと言って走っています。
たなか先生.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -